台湾で香り高い1杯のお茶をお手軽に楽しむ|お茶専門のカフェCOMEBUY Cafe

台湾で絶対に楽しみたいのが「台湾茶」。どのガイドブックを見ても伝統的ながらオシャレな茶館が紹介されています。もちろん、1度は素敵な茶館に足を運び、正しい手順で淹れられた(台湾式の茶道)本格的なお茶を飲むべきです。しっとりとした空間で、極上のお茶を楽しめるのは台湾旅行の大きな魅力。

でも、街中にあるカフェやドリンクスタンドのお茶も楽しんで欲しい。台湾人も本当に趣味でお茶が好きな人以外は、普段街中にある普通のチェーン店でお茶を楽しんでいます。私たち日本人がドトールコーヒーによく立ち寄ってコーヒーを楽しむのと同じですね。

そこで今回はお茶の種類が豊富で、涼しい店内で座って(←ここ意外に重要です)ゆっくり台湾茶を楽しめるお茶専門のカフェ『COMEBUY Cafe(カンバイ カフェ)』を紹介します。

自分なりにお茶をブレンドして楽しめるCOMEBUYカフェ

店内に入るとずらっと並んだ茶葉が目に入ります。

台湾のお茶専門カフェカンバイ

スタッフの後ろにズラ~っと並ぶのが世界各地から取り寄せられてた極上茶葉の数々。最近台湾のカフェは、店内のディスプレイや展示の仕方がとても大胆で面白い!試飲もできるので、迷ったときは今日のおすすめのお茶を試飲させてもらいましょう。

台湾お茶専門カフェComebuyのメニューボード

台湾では一般的にストレートティーよりも果実や牛乳などを混ぜたブレンドティーが人気。(日本とはちょっと違いますね。甘いお茶がみんなだいすき。)もちろん普通に沢山の種類の中からお茶を選び、ストレートでお茶そのものの味を楽しむのもOK。

COME BUYのお茶がおいしい理由

COMEBUYでは一般的なティースタンドとは違い、お茶の作りおきがない。そう注文が入ってからお茶を淹れるから、香りが高くおいしいのです。なので少し他のティースタンド比べると、待ち時間が長いですが、茶葉本来の味をしっかり楽しめます。

台湾式ブレンドティーに挑戦!オーダーの仕方

1)写真ボードの一番左にあるように、COMEBUYでは最初に4種類のお茶の中から自分の好きな味を選びましょう。

種類は:
・ジャスミン亭−
・ロースト烏龍茶
・ウーロン茶
・ダージリンティー

2)次はミックスする牛乳orフルーツジュースを選びます。

種類は:
・牛乳
・クリームccino(オリジナル商品。おそらくとろっとした牛乳)
・練乳
・はちみつ
・パイナップルジュース
・グアバジュース
・檸檬ジュース
・オレンジジュース
・りんごジュース

3)そしてトッピングする材料をチョイス

種類は:
・タロイモ
・寒天ゼリー
・仙草というハーブのゼリー

4)砂糖の量を選んで終わり

好きなお茶を最初に選べば、店員さんがアドバイスをくれるので心配いりません!私はウーロン茶にフルーツジュースをミックスして寒天をトッピングするのがお気に入りです。

台湾のお茶専門カフェComebuyのフード

台湾の大手空港EVA航空のVIPラウンジで使われているのは、COMEBUYのケーキ。甘さも控えめなので、すこし渋めのウーロン茶ともよく合いますよ。その他にも一部店舗ではパスタやサラダなど軽食も一緒に食べられます。

台湾のお茶専門店Comebuyのお茶販売

お茶が気に入ったなら、茶葉も買って帰ることができます。シンプルで高級感のあるデザインなので、お土産にもぴったりです。時々「買一送一」という台湾特有の「ひとつ買えばひとつタダで貰える」サービスもやっているので、要確認ですよ

COMEBUY 現泡の茶專門店

COMEBUY 現泡の茶專門店

昔は日本にも店舗があったそうですが、今は全店舗撤退しているみたいですね。だからこそ、台湾に来た際には、地元の人と一緒にぜひCOME BUYのお茶を楽しんでほしいです。台湾の人が脂っこい料理をよく食べるのに、スラッとしているのはきっとよくウーロン茶をのんでいるからかな?と予想しているYokoです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事